Home


 縫い方レッスン 

    並縫い
   

 
   
同じ間隔で縫い進めます。裏を気にしなくていい場合は写真のように。裏の縫い目もキレイに見せたい場合は一針ごとに引き抜いて縫うと良いです。


一針ごとに引き抜いて縫うと裏はこんな感じです。 

 
    たてまつり

垂直の位置に針を刺して斜め左上に針を出します。
縫い目の幅と縫い目の深さ(縦)を揃えるのがポイントです
丸や曲線の時も縫う場所に対して、垂直になる位置に針を刺し、針を斜めに出します。縫い目が斜めになりやすいので針を出す位置や間隔を確認しながら進めます。曲線部分に円をイメージしてその中心に縫い目が向かっていくように。
最後は縫い目の間に針を出して玉止め。針を出した位置に針を刺し戻して糸を引き、玉止めを引き入れます。


 
   
曲線のたてまつり。山は内側に真っ直ぐ。谷部分は外側に縫い目が向くように縫います。

耳などパーツを挟んで縫う場合も巻かがりです。針を引き抜きながら縫います。  縫い幅や目の深さを揃えるとキレイです。


綿を入れて縫い閉じた後は針を縫い目の間から出して玉止め。針を刺し戻して糸を引き、玉止めを中に引き入れます。


後は糸を引きながら糸を切れば、糸端も引き込まれて目立ちません。
 ブランケットステッチ

真っ直ぐ針を刺し、糸を後ろに通して針を引きます。
最後は裏の最後の縫い目に重ねて針を通して間から針を出します。玉止めをして引き入れます。



曲線置部分を縫う時も縫う辺と垂直の位置に針を刺します。巻かがりと違ってまっすぐ針を刺して糸を後ろからかければ良いので糸が縫い目が斜めになりにくいです。

ブランケットステッチは針の後ろに糸をかけながら進めることで、フェルトとフェルトの間に糸が渡って縁取りのようになります。 巻かがりが苦手な場合はブランケットステッチがおすすめです。巻かがりよりも糸が多く必要になります。

    すくいとじ
   
     
上下を交互にすくって閉じる方法です。
コの字とじと言われるものです。


上下を交互にすくってそのまま糸をひくとフェルトの端がキレイに内側へ収まってくれません。 上下をすくった上に針を写真のように押し当ててフェルトが内側に入るように押さえます。

     
端が内側へ入った所で上下からゆびで挟んで針を抜き、糸を引きます。


きゅーっと糸を引くとキレイに仕上がります。どうしても閉じ口が波のようになってしまいますが、気になる場合は、ギリギリの所を細かく再度すくって糸を引くと整います。


 
     ミシン目縫い
   
     
①並み縫いをします。 ②端まで縫ったら、糸の通っていない所を並み縫いで戻ります。


③時々裏側の糸を確認しながら縫い進めます。
     
④こんな感じでミシンで縫ったような縫い目になります。 ⑤裏から見てもミシン目のようになります。生地を押さえる力が強く丈夫で、裏糸の見た目もキレイです。
糸がゆるまないようにしっかり縫いたい場合や、表裏の糸をキレイに見せたい場合などに採用しています。



返し縫いはこのように裏の糸が重なりやすく、見栄えが悪いのと、生地を押さえる力が弱い為、糸がゆるみやすい。
     
     
返し縫い(バックステッチ)

1から出し、2に入れて3から出します。

縫い目が続くように繰り返します。


裏の縫い目はこんな感じです。裏の糸は重なって続きます。縫い合わせの強度も弱いので袋縫いで裏返す時には向いていません。



アウトラインステッチ

写真のように前の縫い目に半分重ねるように縫い、それを繰り返します。

太い線や曲線を刺しゅうする時などに向いています。



裏も似たような縫い目になります。
ストレートステッチ

直線を引くように刺しゅうします。



  フレンチナットステッチ

イチゴの種など、つぶをステッチで表現する時などに使います。ステッチする所から糸を出します。(写真は4本取りの糸です。)

針に4回巻きつけたあと、巻きつけた糸をまとめます。 針を立てて1のすぐそばにに刺し、矢印の方に糸を引き締めます。

針を下へ引き抜きます。



完成!
  バリオンステッチ

このステッチを初めて行うときは、必ず練習してから始めてくださいね!
1から出たら2に刺し、3に出ます。2と3の間は5mm。(糸は4本取り)


針に5回巻きつけます。 矢印の方向に糸を引っ張って糸をまとめます。

まとめた所をしっかりはさみ押さえて針を引き抜きます。 矢印の方向に糸を倒します。 こんな感じに。



指で押さえながら糸を引き締めます。 2で刺した所と同じところに針を刺して引き抜きます。(続けてステッチする時は次にステッチする場所に針を出して引っ張ります。) バリオンステッチの出来上がり♪
巻きつける回数で、長さが変わりますので、長くしたい時は2と3の長さを長くして巻きつける回数も増やします。


  サンステッチ

間隔をつめて面を埋めていくステッチです。123の順に間隔を詰めて針を通していきます。


同様に繰り返します。 不格好ですがこんな感じになります。

 
   
 縫い目の方向を変えて、上に重ねて同じように間隔をつめてステッチしていきます。
完成! 重ねるので厚みが出てふっくらした感じに仕上がります。


       

 
   
     


 玉結び・玉止めをしない縫い方
玉結びを隠したり、玉止めを引き込む場所がない場合に目立たないように縫い始めと縫い終わりを処理する方法です。
①まず、玉結びを作らず 1・2cm糸を残した状態で
縫い始めます。最初の1目を3回ほど縫い返します。

同じ所を縫う事で糸が抜けにくくなります。

2回目・3回目で縫い返した糸をしっかり引き、たるみがないようにします。

1回目で強く引くと当然糸が抜けてしまうので
糸が抜けないように加減しながら進めてみてください。



ぐるりと縫ったら最後の1目も最初と同じように

同じ目の所を3回ほど縫い返します。

裏で最初に残しておいた糸と最後の糸を一緒に切ります。



玉止めをしない縫い方。刺しゅうの時などに!
   
縫い始めは裏側でこんな感じに糸端を残して1目。
同じ目に2~3回重ねて縫ってから縫い始めます。


 
今回はミシン目縫いで。
折り返している所。

 
端まできたら1目前の縫い目に2~3回重ね縫いして
縫いとめます。↓
(最初の縫い目に重ねてしまうと厚みが増してしまう為です。)

重ねて縫い止めた所。




軽く糸を引きながら糸をカット!↓
最初の糸も切ります。

 
こんな感じで仕上がります↑




 
inserted by FC2 system