Home


 糸の扱い方
   刺しゅう糸の取り方

刺しゅう糸の取り方です。
束になったものから好きな長さに糸を引き抜いて、切ります。

1本は6本の細い糸からなっています。 糸の端を指で挟んで、6本のうち1本を引き抜きます。

引き抜いていくと、こんな風に糸がクシュクシュになりますが、そのまま最後まで引き抜きます。 1本取りは引き抜いた糸1本のこと。 2本取りは糸を2本合わせたものです。同様に4本取りは4本合わせたもの。
通常指示がなければ、1本取りで縫い、本数の指示がある時は、それに合わせます。


    玉 結 び

人差し指に糸を置き、その上から針を置きます。


針に3~4回糸を巻きつけます。
(フェルトは玉結びが小さいと、引っ張った時に抜け易いので大きめにします。)



矢印の方向に糸を引いて巻きつけた糸をまとめます。


巻きつけた糸を親指と人差し指でしっかり挟んで、針を上に引き抜きます。

玉結びの出来上がり!
針に巻きつける回数で玉結びの大きさが変わります。




    玉 止 め

縫い終わりに針を置いて、糸を4回針に巻きつけます。 巻いた所を下に引いてまとめます。 フェルトと一緒に巻いた糸をしっかり挟んで、針を引き抜きます。


 
   
玉止め出来上がり。


   
    玉止めの始末
 
   

 

 
 
たてまつりでパーツを縫い付けた時は、このように縫い目の間から針を出して玉止め。同じ場所に針をくぐらせます。


針を引いて玉止めを引き入れ、糸を引きながら切ります。


 

 

 
 
2枚重ねて巻きかがりで縫った時も同様です。近くの縫い目から針を出して玉止め。同じ場所に針をくぐらせます。 


針を引いて玉止めを引き入れ、糸を引きながら切ります。  
     
     
inserted by FC2 system